転職を実行に移す前に本当にそれで良いのかよく考える

介護福祉士の質の問題について。

近年、老人福祉施設や身体障害者の施設などでの介護福祉士による虐待、暴行事件が明るみになってきています。

 

老人ホームに入所している老人に殴る蹴る、食事を与えない、熱いお湯に入浴させて死亡させる、爪切りを異常に深く行い生爪を全て切ってしまう、知的障害者に対して殴る蹴るなどの暴行を加えて死亡させる、食事を無理やり老人に食べさせ窒息死させる、レクリエーションと称してボール遊びの際にボールを思いっきり老人の顔面に投げ当てたり蹴り当てるなどする暴行行為、などの介護福祉士による暴行や虐待死事件が年々増加してきています。
このサイトで介護福祉士を選んでみてください。

 

これら介護福祉士による事件が起こる背景には「介護福祉士と呼ばれる職業に就く人間自体の素養の問題」があるとされ、近年では介護福祉士の資格試験に「道徳」の項目を入れる事が望まれ始めてきています。

 

それほど近年の介護福祉士による暴行や虐待での死亡事故は後を絶たず、早急な解決策を講じる事が急務とされています。